「ほっ」と。キャンペーン
2011年 04月 23日

Osakanstyle Blog Neo

皆様お久しぶりです。

色々試行錯誤してみましたがエキサイトでの画像アップロードが不可能なのは相変わらず。という訳でブログサービスを変えて心機一転スタート致します。

充電期間の間、ひとつのエントリーを書き上げることがここまで体力の要ることとは思いもしませんでした。まだまだリハビリ期間ですので以前のように更新頻度は上がらないかとは思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

Osakanstyle Blog Neo
[PR]

# by inomonta224 | 2011-04-23 09:06 | diary
2011年 03月 08日

活動休止

何故か写真の投稿が出来ない(携帯からなら画像が投稿出来る…)ということで、原因が判明するまでこのブログを休止したいと思います。

いつも読んで下さる方々、ありがとうございます。こんなブログでも楽しみにして下さる方もいらっしゃるようで、とてもありがたい気持ちでいっぱいです。

電車シリーズが2回の更新で終わってしまっているのが、少し心残りではありますが(笑)また帰って来られるよう充電してきます。
[PR]

# by inomonta224 | 2011-03-08 00:44 | diary
2011年 03月 05日

2011 AFC Champions League Group G 第1戦

アレマ・インドネシア(インドネシア)戦 会場:長居スタジアム
スコア:2-1 【前半:1-0 後半:1-1】
得点者:ピンパォン2

お久しぶりです。あまりに仕事が忙しかったのと、ネット接続が不安定だったのでブログの更新を怠ってました(汗)という訳で何故か写真のアップが出来ません…




2日の水曜日はなんとか仕事を片付けACL初戦を観戦しに長居スタジアムへ。久しぶりの長居はキンチョウスタジアムと違ってこれはまたこれで良い感じ。スタジアムに到着したのは後半10分くらい。道中で試合経過を確認しながら向かっていたら、今シーズン新加入のピンパォンが乾のクロスに合わせて頭で先制ゴール。グループGで最弱と噂されるアレマではあったが、初のアジアでの闘いなので侮れないと思っていただけに幸先良い展開に少し心が躍る。
しかし、その一方で水曜の試合だしなぁ(水曜クオリティと言われる、ちょっとぉという試合が多い)と少し不安を抱いていたのも事実(笑)そんな予感が当たったのか私が到着する頃には大海の胸トラップがハンドの判定でPKを献上。聞いた話では"あのPKはかわいそう…"という声が多かったのを考えると、アジアの大会ということでレフェリーのジャッジも国内リーグとは少し違ったのかもしれない。

まぁ、この辺りもアジアで闘う上では対応していかないといけない点なので、上手く順応していく必要があるでしょうね。

前半はミスも多くセレッソのクオリティとは程遠かったようですが、私が到着した後半はアレマが引いていたこともあってセレッソがポゼッションする時間帯が多く、ボールホルダーへのプレッシャーが強くなく、マルちゃんを中心にボールは動かせていたように思う。

昨シーズンのチームからはアドちゃん、家長、アマラウが去り、前線の組み合わせはピンパォンの1トップ、大分からレンタルバックのポギョン、乾、レンタル移籍での加入の倉田と乾以外は全く異なる面子。ピンパォンも引いてボールを受けるシーンが多く、実質0トップというのが正しいか。
やはりこれだけ人の入れ替わりがあるとコンビネーションを重視するセレッソの攻撃の歯車が合わないのは仕方のないところ。まぁ、この辺りは逆に完成してしまっているよりはこれくらいで丁度良いと思うのでさほど気にはしていない。昨シーズン攻撃を牽引した家長とはタイプが違うが、体の強さと強烈なシュート、特にシュートレンジの広さは今までセレッソのオフェンス陣になかった魅力のひとつを持つポギョンは今シーズンブレイクしそうな予感。彼の放ったクロスバーを直撃したミドルシュートは思わず入ったと唸っていまいました。
この日出来がよくなかった乾に代わって入ったキヨちゃんも、少ない時間ながらディフェンス面で貢献。まだまだ発展途上な選手だけに今シーズンの競争激化で更なる飛躍が期待出来る逸材ということを考えると、昨シーズンは龍、播ちゃんという選択肢しかなかった攻撃のカードにキヨちゃんが加わるという点では攻撃のバリエーションが豊富になったというのは強みのひとつ。

少し気になったのは昨シーズン同様に両SBが攻撃参加した時に茂庭マンと大海の2バック状態となる訳だが、アマラウが担っていた役割をする選手が居らずマルちゃんと新加入の中後のコンビは、互いにゲームを作ることが出来るという点ではストロングポイントではあるが、カウンターを受けた際のリスクマネージメントという点で少し不安になった。

対するアレマは主力4選手を代表招集で欠いていたこともあって本当の実力は図れないまでも、この日のチームはそれほど強さを感じなかった。ただ、シュートレンジの広さや裏に抜ける一瞬のスピード、そして、丁寧過ぎるくらいに繋ぐスタイルはあまりJリーグでは見ない感じ。

侮れないのは対戦相手は違えどJリーグチャンピオンの名古屋がアウェイで0-2の敗戦を喫したことを考えると、ホームとアウェイでは違った闘いになることは恐らく間違いないだろうし、この日私が観た後半のアレマはそれほど強いチームではなかったがこれが本当の実力とは思わないようにした方がいいかもしれない。ただ、ホームで僅差とはいえ勝ち点3を手にしたことはACL初戦という点、シーズン初戦という点、週末に控えるリーグ開幕戦のダービーに向けてという点では良いスタートになったのではないかと思う。


毎シーズンのことながらシーズン序盤は連携に苦しむセレッソ。どのチームもこの時期で仕上がっている訳がないが、ここ数年ベースが変わらない吹田の方が地力では上という予想はまぁ間違いではないと思う。
ただ、机上論通りにことが運ばないのがサッカーであってこのスポーツの醍醐味。昨シーズンセレッソに在籍したアドちゃんの青黒のユニフォーム姿を見るのはなんとも言えないものがあるが、今シーズンキャプテンに就任した茂庭マンを中心としたディフェンス陣の活躍とオフェンス陣が躍動してくれることを期待。
今シーズンは昨シーズン以上にポジションが流動的なので相手のディフェンスを撹乱させることが出来ると信じている。今シーズン新加入のピンパォンはTMでもゴールを量産。先日見た感じでは流れの中でボールに絡むシーンは少し少ないように感じたが、初戦で2ゴールを挙げる嗅覚はアドちゃんほどの強烈なインパクトは無いにせよ、何か"持っている選手"であることは間違いないだけにダービーでの活躍が楽しみ。また、過去吹田に在籍した播ちゃん、倉田も古巣への想いはあるだろうしそういった選手の活躍は見所のひとつだと思う。エキスプレッソさんではないが倉田はU-18時代のイメージが私の中で強く、凄く良い選手だっただけにアレマ戦では挙げることが出来なかったゴールを見せてくれるのを待っている。

個人的にはキヨちゃんのシンプルなプレーが好みだが、この2人に関してはどちらがスタメンであってもおかしくないだけに競争でチームを活性化させて欲しい。


今日は急遽休みが取れたので諦めていた開幕戦ダービーに参戦。昨シーズンは1分け1敗、もっと歴史を遡ると#%&$年から勝利なし、公式戦ж☆試合白星なしというデータがあるようだが、そんなことは関係ない。ハートは熱く頭は冷静に吹田よりもクレバーな闘いで開幕戦白星をもぎ取りたい。

だってダービーでしょ?燃えない訳がない。

なんか書いているうちに熱くなってきてしまいましたが、今シーズンを占う上でも大事なリーグ初戦。勝って翌週のホーム開幕戦に挑みたい。

それではそろそろ準備するのでこの辺で…



*この場を借りて御礼。先日長居スタジアムでダービーのチケットを譲って下さった方、ありがとうございました。そのご厚意に応えるべく全力で今日の試合に挑みます。
[PR]

# by inomonta224 | 2011-03-05 08:52 | football
2011年 02月 20日

MOTOR

e0150256_8494115.jpg

それはそれは雨がしとしと降る寒い日でした。Silver and Gold四ツ橋店の子供店長ことドイケン(全部カタカナであってる?)が2月に東京へ遊びに行った際、私も愛用しているLEATHER ARTS & CRAFTS MOTOでゲットした情報によると南青山に新店舗がオープンしたとか。

なんせ分かり難い場所にあるということで夕方から合流したwoking1998さんに道案内をお願いすることに。

More
[PR]

# by inomonta224 | 2011-02-20 10:18 | fashion
2011年 02月 19日

Lucie Rie A Retorospecive

e0150256_743216.jpg

もう会期は終了してしまいましたがルーシー・リー展に行ってきました。本当は東京の国立新美術館で開催されている時に行きたかったのですが、のんびりしていると知らぬ間に会期が終了…その時に大阪にもまわってくるということを知っていたのですが、随分と期間が空いてしまったので完全に忘れてました。しかし、たまたま目に留まったdannyさんの呟きで大阪市立東洋陶磁美術館で開催されていることを知り、今回こそは行っておかないととなった訳です。

芸術作品に全く詳しくない私ですが、BRUTUSか何かで彼女の作品を見て繊細な模様と色使いに一度生で拝見したいとなりました。


サントリーミュージアムが閉館し大阪はますますこういった展示を見られる場所が無くなってしまいました。ある方に聞いた話だと、他の地域では集客出来る展示も大阪だと全くダメなので、大阪を飛ばして開催されることも多々あるとか。大阪の人はこういったことに関心が薄いんですかね。
私の幼少期にはあまり縁があまり無かった為に美的感覚というのが劇的に低い(それだけが原因じゃないと思います)ので一般的に綺麗と言われる物を見ても他の人より感動が薄いんです。まぁ、例えるなら花火とか。寂しい人間です。
幼い頃から芸術作品に触れることで芸術家になるかどうかということは別として、子供なら色んな可能性が広がるんじゃないかと思ったりします。そういった機会を得られる場が減ってしまうというのは寂しいことですね。まぁ、自分達が蒔いた種ではあるのですが…
[PR]

# by inomonta224 | 2011-02-19 08:02 | art