2009年 11月 09日

2009 J LEAGUE DIVISION2 第48節

e0150256_21345729.jpg

ザスパ草津戦 会場:長居スタジアム
スコア:5-0 【前半:2-0 後半:3-0】
得点者:乾4、マルチネス


アキ…




e0150256_21393820.jpg

万博から移動し長居スタジアムへ。先に昇格争いを演じる仙台、甲府、湘南の試合が行われ仙台が先に昇格を決定。セレッソは引き分け以上?で昇格確定だけど、どうせなら勝って決めないと。でも、こーゆー試合っていつもダメなのがセレッソ。ただこの日のセレッソは違った?

マルチネスがほぼ完全復活も真司は相変わらずのベンチスタート。乾がキーマンかなみたいな話をしていたら大活躍!!
先制点は前半早々に。右サイドのシャケからピッチを横切るグラウンダーのパスを逆サイドで乾が受けるとそのままペナエリアに持ち込みシュート。幸先良く先制するもあのパスが通るような草津って…

なによりも圧巻だったのは2点目のマルチネスのゴール。怪我明けから万全とは言い難いパフォーマンスが続いていたように思うが、この日は開幕戦のワクワク感を持たせてくれるマルチネスだった。長短のパスを自在に操り、鬼のキープ力で相手ディフェンスを引き付けるプレーは完全に試合を支配していたと言っても良いほど。
ペナエリア内で振り抜いた左足のシュートは抜群のパンチ力とコース。少しカーブを描いたボールの軌道にキーパーはノーチャンス… マルチネスってなんで日本の、しかもJ2なんかに居るの?万全の状態ならもっと上のカテゴリーでプレー出来る選手。

前半を2-0で折り返すと後半は乾のショータイム!!
オフサイドで幻となった真司のゴールと最後は何と言ってもこの人。セレッソのキング、アキ。はっきりと言って今シーズンのトップの試合は彼のプレーが観たくてスタジアムに足を運んでいたようなところがあります。
ぶっきらぼうな振る舞いとは裏腹に、熱いハートの持ち主。ゴール数こそ凄く多い訳ではないものの、彼のゴールは反撃の狼煙。他の選手がゴールするのとは訳が違うんです!!
アキの持ち時間は約25分。ずっと彼のゴールが観たくて、一緒に観戦していた仲間もみんなアキにボールを回せのオンパレード。ただ、何か変だと…
いつもなら無双ドリブルでディフェンダーを切り裂く真司が無駄に多くドリブル。明らかにアキの上がりを待っているような。他の選手も自分達の声に反応するかのように、アキへボールを供給。

まさか最期にあんな結末が待っているなんて…
e0150256_21543754.jpg

ずっと怪我に悩まされていたのも知っているし、今シーズンのプレータイムを見ればフルタイムでの出場は無理なのもわかってた。でも、彼のプレーを知っている人間としては「こんなもんじゃない!もっと出来るはずっ!!」と信じたかったし、信じていた。

「セレッソをJ1に上げる為に戻ってきた」この言葉は最初から覚悟してたんだろうね…
でもこんな終わり方って辛いよ。もっとアキのプレーを観ていたいし、彼のチャントを歌いたいんです。
昇格セレモニーでのアキのスピーチから「今シーズン限りで引退します」と最初に聞こえてきた時には自分の耳を疑った。そんなことがある訳ないと…
でも家に帰ってネットで調べて文字情報になっているのを見て「なんでなん…?」と…

モリシの場合はベンチにすら入れない期間が長く、ある程度心の準備が出来ていたけど今回のは無理!!今も心にポッカリと穴が空いたような状態です…
自分達がどんどんオッサンになっていくように、サッカー選手にも次の世代が迫ってくるのも理解できる。前を向いていくしかないのもわかってるんだけど、今回の件は気持ちが折れた… 



アキ、今までありがとう。そして、お疲れ様。
あなたのプレー、熱いハートはこれからも忘れることはありません。

20番。また大きな番号になりましたね…
[PR]

by inomonta224 | 2009-11-09 22:16 | football


<< 太王四神記      高円宮杯 第21回全日本ユース... >>