Osakanstyleblog

osakans.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 20日

MOTOR

e0150256_8494115.jpg

それはそれは雨がしとしと降る寒い日でした。Silver and Gold四ツ橋店の子供店長ことドイケン(全部カタカナであってる?)が2月に東京へ遊びに行った際、私も愛用しているLEATHER ARTS & CRAFTS MOTOでゲットした情報によると南青山に新店舗がオープンしたとか。

なんせ分かり難い場所にあるということで夕方から合流したwoking1998さんに道案内をお願いすることに。






e0150256_912698.jpg

ショップの名は"MOTOR"

革の芸術作品を作る作家、私達が普段愛用している革小物やレザーシューズ、シルバーアクセサリーを製作している元池兄弟のお父上、元池秀夫さんの好きな物を集めたお店として突如住宅街にひっそりとオープンしたこちらのショップは、元池秀夫さんの大好きなバイクにまつわるアイテムを販売するという新しいアプローチでの展開。

お好きなバイクに関係する屋号ということでバイクの"モーター"や"MOTO"とかかっています。

オープンしてから1週間近くは一切告知もしていなかったとあって、こちらを目指してお邪魔されるお客様もそれほど多くはなかったようですが、ようやくオフィシャルHPにも告知され元池ファンが訪れているようです。

私もそんな人間のうちの1人で、直前にお邪魔したMOTOの北青山の直営店でショップカードを頂きお邪魔しましたが、間にA&Sへ寄っていたこともあって少々時間を要した為に先回りして下さっていた作人さんに「迷ってるんじゃないかと心配しました」と言われてしまいました(汗)作人さんすいません…

作人さんにお会いするのは3度目ですが、私のことを覚えて下さっていてお会いするといつも気さくにお話して下さります。また、店舗の女性スタッフKさんにも色々とお世話になっていて、東京のショップなのに地元のような感覚を味あわせて下さる居心地の良いショップ。

e0150256_911495.jpg

写真のピントがズレていて物凄く残念ですが、こちらは第2次世界大戦中に使用されていた軍用のハーレー・ダビッドソン。マットなアーミーカラーに塗装されたバイクは全くバイクに興味が無い私でもカッコイイと思える雰囲気を漂わせています。

かなり古い物なので一般的にはパーツを寄せ集めて組み上げることが多いそうですが、こちらはフルオリジナルで今も現役で走ることが出来るとか。ヘッドライト右上のところにはモールス信号を送るパーツが付いていたりと軍用車であることを示しています。

いつ止まってもおかしくない代物のようですが、そのお値段はちょっとした高級車並みとか。

e0150256_9263773.jpg

店内はMOTOよりも若干広く岡山の工場に生産をお願いしているオリジナルデニムや、杢感が古着のチャンピオンを思わせるオリジナルTシャツなど、こちらのお店の方がより男臭さを感じるアイテム構成と雰囲気に仕上がっています。

e0150256_9304621.jpg

例えばレザーシューズに関してもMOTOのラインで出ているような柔らかく繊細な皮ではなく、バイクに乗るシーンを想定してWhite'sなどのように硬い革を使用しソールも重厚とターゲットとなる層も異なります。

e0150256_9392366.jpg

MOTOのウォレットもアタッチメントを付けることでモデルによってはウォレットチェーンを付けることが出来ますが、こちらではデフォルトでウォレットチェーンを付けられるモデルも。
バイカーの為の厚手のレザーグローブの展開もあり、シルバーアクセサリーもドクロのモチーフを使っている物もあります。

e0150256_9471447.jpg

忘れてはいけないのがこちらのレザードール。ひとつひとつが丁寧に革で作られていてそれだけで凄いのですが、インナーが外の表情に響くということで外側の洋服だけじゃなくいずれのドールもインナーを着せてからアウターを着せる拘りよう。着せてしまった後は脱がせることが出来ないので外からは見えないものの職人の拘りを感じさせます。また、こちらのバイクも全て手作りで実物のバイクのサイズを測り、鉄板をひとつひとつのパーツに裁断。一から組み上げた作品だそうです。
あまりにも細かい作業が続くということで、その集中力の凄さと神経をすり減らすような毎日だったことを考えるだけで想像を絶する世界です。この作品が完成した後はお父様もさすがに少しの期間入院されたとか。職人魂という簡単な言葉で片付けてしまうものではないのかもしれませんが、そういったものを感じました。

他にも革の加工技術についての説明をして頂き、木を曲げたようなシルバーチェーンが付いたキーホルダーがあるのですが、一見"木じゃないの?"と感じる革は何層にも革を張り合わせて圧密をかけ、表面をなめすことで素人には革を重ねた部分が木の年輪のように見え、とてもじゃないけど革製品とは思えないような作品に驚きました。


お邪魔している間は居合わせた他のお客さんとの会話や、革製品の説明。色々なお話をして頂きながらとても充実した時間を過ごさせて頂きました。作人さんはいつもいらっしゃるとは限らないようですが、北青山の店舗同様にこちらのでも綺麗なお姉さんがお店に立たれていますので是非お邪魔してみて下さい。


MOTOR
■住所:〒107-0062 東京都港区南青山4-17-9
■電話:03-6447-1613
■営業時間:12:00-19:00
■定休日:不定休



土地勘の無い方は少々迷子になるかもしれません。Googleマップを駆使しながら"ここにショップあるの?"と思っても信じて突き進んでみて下さい(笑)
[PR]

by inomonta224 | 2011-02-20 10:18 | fashion


<< 2011 AFC Champi...      Lucie Rie A Ret... >>